カテゴリー「Kindle」の記事

Collins Unabridged Italian - English Dictionary: Complete & Unabridged

Kindleに内蔵されているイタリア語の辞書は伊伊辞書なので
初心者にはちと敷居が高い。
そんな分けで伊英辞書に差し替えてみました。

ちょうどCollinsからこの辞書が発売されたので
早速購入。Kindleのセッティングでイタリア語の辞書をこの辞書に変更してみました。
これならなんとか使えそうです。

本当に伊和辞書を発売してもらいたいんですけど、
無理でしょーねー(遠い目)

| | Comments (702) | TrackBack (0)

閑話休題その12

KindlePaperwhiteが壊れて復活しました。

週末にKindleのwifiがまったく使えなくなりました。
ネットワークの検索どころか、wifiのMACアドレスも見えなくなりました。
ハードかソフトどちらのエラーか分からなかったので
とりあえずサポートにTEL。
症状を伝えて、いろいろ確認されたけど、分からないといういことで一度持ち帰りで
後日連絡しますということに。

出荷状態に戻すと、せっかくつけたハイライトとかがおじゃんになるなぁ。。。
と思ってなかなか試す気になれず。
(でもこれで直ると、ソフトのエラーだと分かる)
本日、ファームウエァのアップデートが5.3.1になったことを知ったので
サイトからDLして手動アップグレード。

見事にwi-fi復活しました。

ソフトのエラーやね。

今回思ったのはwi-fiだけだと壊れたときにバックアップのすべがない(;´Д`)
基本はクラウドだろうけど、
私は専門書を読みながらハイライトをガンガン残してあとで見直すので、
このデータが吹っ飛ぶのはかなり厳しい。
(データ自体はkindleからUSBで保存可能だけど)
ただ、いったんローカルにデータ落として、出荷状態に戻したKindleなり、
新品のKindleに全環境を移行とかできるのだろう?
kindle直下には二つフォルダがあって、
「.active_content_sandbox」に何が入っているのかが分からない。
誰か情報求む!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

閑話休題その11

Kindle Paperwhiteは.comと.jpを一台で取り込めることが分かりました。

Kindle for iphoneなどのアプリでは
アカウントを切り替えると端末にDLした本が消えてしまいますが、
Kindle Paperwhiteでアカウントの切り替えをしても
本はそのまま残ったままです。
つまり.jpで本をDLした後、.comにアクセスしに行っても
.jpからKindle PaperwhiteにDLした本はそのままの状態で
更にそこに.comからの本を追加することができます。
(もちろんブックマークやハイライト情報もそのまま残ってます)

それぞれのアカウントにログインするという手間はありますが
Kindle Paperwhite一台で.jpと.comの運用が可能でした。

じゃあ、アカウント統合なんて必要ないじゃん。。。
って思った>自分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

閑話休題その10

とうとうkindle買いました。
ずいぶん前からkindleでe-bookを買ってましたが、
やっと専用機をGETです。

その内kindle PCとKindle for iphoneとこのpaperwhiteの違いと
多読をやる上で専用機導入の時期について
書いてみたいと思います。

とりあえず今回は英語辞書以外の辞書の追加の方法を。
Kindle Paperwhiteで英語以外の無料辞書を追加するには
クラウドに切り替えてその中にある辞書のフォルダーから
好きな言語の辞書をDLできますよ。

私はどこからイタリア語の辞書がDLできるのかわからなくて少し焦りました。
だって今までは本で単語を選択すると勝手に辞書がDLされてきたいんだもん。

| | Comments (1) | TrackBack (0)