カテゴリー「ジャンル:ルネサンス」の記事

#452 Poison: A Novel of the Renaissance

最近でたボルジア小説の中ではAmazon.comでの評価がすごい高かったので、
読んでみたのですが、なんと4ヶ月も掛かってしまいました(;´Д`)
理由はひとつ。
全然面白くなかった。。。

変死した父の死因を探るためにボルジア家の毒薬使いとなったフランチェスカは
事件の真相を探るうちに、ユダヤ人に対する陰謀の気づく---

Continue reading "#452 Poison: A Novel of the Renaissance"

| | Comments (105) | TrackBack (0)

#451 Isabella D'Este Marchioness of Mantua 1474-1539 A Study of the Renaissance

やっと読み終わりました~
実に3ヶ月近くかかりました。
全2巻。
イザベラ・デステの伝記は英語ではこれぐらいしかないみたい。
ベアトリーチェの伝記を書いた人と同じです。
内容はあまり重複してないので、両方読んでも大丈夫。
改めてイザベラの人生を追ってみましたが、
いやはやすごい。
本にも書かれていたけどバランス力がすばらしい。
困難な時代によくぞここまでやったなーという感じです。
とにかく身内に手を差し伸べるのを惜しまない人。
結構わがままな面もあるけど
それ以上にプラス面が多いからここまで賞賛されるんだね。
ビバ★

ちなみにkindle版も出てるけど、変換がうまくいってなくて誤植が多いからおススメできない。
2巻目はWEBにたくさんあるのでkindleに変換可能だけど、
これが輪をかけてOCRの変換がうまくいっていなくてすさまじい誤植でした。
かなりパズルみたいな感じだった。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | Comments (61) | TrackBack (0)

#450 Lucrezia Borgia: Life, Love and Death in Renaissance Italy

満足です。
ルクレツィアに関する本はベロンチが鉄板だと思ってけど、
この本は凄かった。
特にフェラーラ時代の充実度が半端なーい。

かなり細かくカンマを打って文をつなげていくので
最初は読みにくかったです。
(途中で主語が誰かわからなくなって・・・・)

まぁ、でも愛の力で読み切れた★
本当にこういう本を読めるようになった多読には感謝です。
サラ・ブラッドフォードのチェーザレの本も前に買ってるので
こっちも読みますよ(・∀・)ノ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

#448 The Cardinal's Hat: Money, Ambition, and Housekeeping in a Renaissance Court

アルフォンソ・デステとルクレツィア・ボルジアの間に生まれた
2番目の息子がイッポリートと言うんですが、
この人の家計簿が実は奇跡的に50冊ほど残っていたので
それを見ながら当時の貴族の生活を紹介した本。

本当に私みたいにエステ好きな人間にとっては
狂喜乱舞に近い内容でした。

ネタバレ

Continue reading "#448 The Cardinal's Hat: Money, Ambition, and Housekeeping in a Renaissance Court"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

#444 The Tigress of Forli

カテリーナ・スフォルツァの伝記。
最近出てAmazonのレビューがかなりよかったので読んでみましたが、
これが正解。
すごい面白い。
今までカテリーナは雄々しいイメージだったけど
女性らしい面とかもたくさん出てて面白かった。
というか何よりも波乱万丈で
この間読んだ"The Scarlet Contessa"よりも激しい人生だった。
というか"The Scarlet Contessa"の創作部分もよくわかった

ネタバレ

Continue reading "#444 The Tigress of Forli"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

#442 The Second Duchess

Kindle版→The Second Duchess

The court of Ferrara is like a love-apple, beautiful and rosy-red and alluring to the senses, but poisonous, so poisonous—

フェラーラを舞台にした小説を見つけたので読んでみました。
アルフォンソ2世の奥さんが主役の歴史ミステリーです。

フェラーラに嫁いできたバルバラは結婚式当日から奇怪な出来事を体験する。
夫であるアルフォンソとの新しい生活を始めるや否や、
フェラーラの前の妃ルクレツィア・メディチは夫によって殺された
という噂を耳にした---

ネタバレ

Continue reading "#442 The Second Duchess"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

#433 The Scarlet Contessa

"The Borgia Bride"の作者がカテリーナ・スフォルツァの話を書いていたので
読んでいました。

主人公は"ディア"の愛称を持つ"アルマディア"
両親を知らない彼女はミラノ公爵夫人であるボーナ・ディ・サヴォイアに仕えていた。
庶子であるカテリーナの教育も行うボーナ、
年の近いディアはカテリーナと接する機会も多い。
ある時、夫であるマッテオが毒殺されたことを知った、
ディアは夫殺しの犯人に決意する。

ネタバレ

Continue reading "#433 The Scarlet Contessa"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#432 The Borgia Bride

ボルジアものです。
サンチャ・タラゴンが主人公という非常にレアな設定。
Kindleで一章読んだら、読みやすかったので
そのまま本を買って読んじゃいました。

アラゴン王家の庶子に生まれたサンチャ。
父との確執でサンチャは弟・アルフォンソとの絆を深める。
そしてボルジア家の嫁としてローマに迎えられ、
彼女の人生は激動の波に飲まれる--

ネタバレ

Continue reading "#432 The Borgia Bride"

| | Comments (23) | TrackBack (0)

#423 Stravaganza - City of Masks

ずっと気になっていた本。
Stravaganzaシリーズ①

まず"Stravaganza "ってなんだって感じですよね。
時空を旅する者という意味でこの物語の中では使われています。

一応、ルネサンスにジャンル分けしましたが、
実はイタリアとよく似たパラレルワールドが舞台なので
厳密にはルネサンスではない。
でも当時のイタリアの風習とか背景がきちんと織り込まれてるので
元ネタ分かると楽しいと思う。

癌に冒された少年・ルシアンは手帳を媒介にして
ヴェネツィアによく似た街・ベレッツァに降り立った。
そこで出会った少女アドリアーナ。
そしてこの都市を支配する女公爵。彼女を補佐する魔術師ルドルフと出会う--

ネタバレ

Continue reading "#423 Stravaganza - City of Masks"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

#416 The Smile

ヤングアダルトですが、
ルネサンスを舞台にした小説です。
Amazon.comでの評価がかなり高かったので、
読んでみました。

フィレンツェ郊外で暮らすエリザベッタは
自然を愛する娘で、
父の仕事の養蚕なども積極的に手伝う子供だった。
13歳の誕生日は社交界のデビューであり、
結婚話もちらほら聞こえてくる年齢だった。
しかし、誕生日を目の前にして彼女は大きな不幸に見舞われた。
そしてフィレンツェにはサヴォナローラという強大な存在が影を落とし始める。

以下、ネバタレ

Continue reading "#416 The Smile"

| | Comments (0) | TrackBack (0)