カテゴリー「ジャンル:ロマンス」の記事

#422 His Forbidden Kiss

"The Maiden and Her Knight"と同様、
イギリス在住の友達が送ってくれた本です。
作者は同じマーガレット・ムーア。

舞台は1663年のイングランド。
弁護士ロブはテムズ川沿いで一人の女性を見つける。
結婚が嫌で家を飛び出したヴィヴィアンヌ。
ロブは適切なアドバイスを与えヴィヴィアンヌを家に帰す。
帰り際、彼女は情熱的な口付けをロブに残していく。
そして、数週間後、ロブはクライアントの花嫁としての
ヴィヴィアンヌと再開する--

ネタバレ

Continue reading "#422 His Forbidden Kiss"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#421 The Maiden and Her Knight

イギリス在住の友達がロマンス小説にはまっていた時代に
わざわざ送ってくれた本です。
読むのに7年近くかかってますw
でも読み終わってよかった!

マーガレット・ムーアはかつて
HQヒストリカルで「戦士に愛を」というシリーズを展開していました。
何冊か読みましたが、
どーも好みじゃない。
毎回毎回結構荒々しい展開なのよ。
この本はAvon RomanceというものでHQとは
路線が若干違うようです。

以下、あらすじ
中世イングランド、
リチャード獅子王と共に十字軍に参加したコナーは
とある城で城主の娘アリスと出会う。
急速に惹かれあう二人。
しかし、アリスには婚約者がいた--

ネタバレ

Continue reading "#421 The Maiden and Her Knight"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

#407 A Knight in Shining Armor

A Knight in Shining Armor

ひさしぶりのロマンス小説。
実は10年以上前、私がHQにはまっていた頃
この作品は日本語訳で読みました。
邦題は「時の彼方の恋人」と言います。
今Amazonのページ見たら2001/10/16にこの商品を注文しました。とありましたw

当時もいい話だなーと思ったのですが、
今回原書でチャレンジするに当たり、どういう話だったかを一所懸命思い出しましたが、
タイムスリップものでヒーローが過去から未来にやってくる。そしてヒーローの言葉遣いが変だった。
あと、ラストが・・・(ネタバレにつき以下略)

ぐらい。ほとんど新しい本を読む感覚に近かったです。

結婚相手を信じていたロバートとその娘に裏切られ、イングランドの見知らぬ土地に
一人置き去りにされたダグレス。
教会で彼女が泣いていると、側に甲冑を来た男が現れる。
彼は自分を16世紀から来た人間だと主張するが・・・

以下、ネタバレ

Continue reading "#407 A Knight in Shining Armor"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

#378 Wait Until Midnight

Wait Until Midnight

ロマンスに初挑戦!
お気に入り作家のアマンダ・クイックをチョイス。
100円の中から選んで、読み始めてみた!

15分後。

アレ、なんかこの話知ってるかも?
邦題は「暗くなるまで待って」かな?
未読本の山をあさると
真夜中まで待って
という本が我が家にありました。

そう、途中でやめたんだ。
ロマンス小説はワンパターンなので、
100冊ぐらい読んだところでやめた記憶がある。
多分この本が途中で投げたヤツだった。。。

でも英語で読むとまた面白かった。
アマンダの特徴は
おとぼけヒロインと影のあるヒーロー
だと思う。

とりあえず、80%の理解は出来てるから
日本語で細部まで読んでみよう。

ちなみにこれで600万語通過。

| | Comments (0) | TrackBack (0)