カテゴリー「英語&多読」の記事

#153 Five on a Treasure Island (Famous Five 01)

Five on a Treasure Island (Famous Five)

英語圏の子供が必ず読まされるというFamous Fiveのシリーズ1作目です。
今まで読んでいた本よりはるかに長くて3万語ありました。
最初はイマイチ物語に入り込めなかったのですが、
後半はぐいぐいと引っ張られるように読みました。
相変わらずわかんない単語も多いですけど、話の大筋はきちんと追えてます。
これぐらいの理解度なら読んだと言ってもいいのではないだろうか?
いわゆる日本語の斜め読みに近い感じかも。

さて、この本を終えて無事100万語達成

次は年内に200万語とナルニア物語を読むぐらいを目標にまったりまた頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#152 Storm the Lightning Fairy

Storm the Lightning Fairy (Rainbow Magic)

ちと順番が逆になりましたが、
Weather Fairyシリーズの⑥です。
今回はちと危ない感じでしたね。
ゴブリン退治もちと残酷な(;´Д`)
さらに、ラストを読まないと⑦への続きが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#151 Logan's Choic

Logan's Choice(Cambridge English Readers:Level2)

Cambridge English Readers:Level2
ローガン・シリーズ第二弾。
第三弾にはなかった挿絵があった。
そしてグラントはあんなにおっさんだったんだ。。。
と衝撃を受けた。
勝手に年下なんだと思ったたのに。50過ぎてたYO

| | Comments (7) | TrackBack (0)

#150 Elmer And the Dragon

Elmer And the Dragon (My Father's Dragon)

エルマーとりゅうの二作目。
無事にりゅうを救い出したエルマーは自分の国へ帰ることに。
しかし、途中でカナリアが沢山いる島に降り立って。。。
とりあえず無事に家にたどり着いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#149 My Father's Dragon

My Father's Dragon (My Father's Dragon Trilogy)

エルマーの冒険を読んでみました。
タイトル見た時は何で父親の?と思ったけど
Elmer=My Fatherなんだね。
囚われの赤ちゃん竜を救いにワイルド・アイランドに旅立つ少年。
みかん食べすぎですw。
ちと一休さんみたいなトンチものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#148 Hayley the Rain Fairy

Hayley the Rain Fairy (Rainbow Magic)

Weather Fairyシリーズの7作目。
6を読む前に話が終わってしまった。
つか、今回のゴブリンの登場シーンは妙に可愛かったです。
つか、Doodleつえー!!
ビックリしました。
もう続きが図書館では読めないんだよ。ちと残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#147 Captain Underpants and the Perilous Plot of Professor Poopypants 

Captain Underpants and the Perilous Plot of Professor Poopypants: The Fourth Epic Novel (Captain Underpants)

久しぶりにキャプテン・アンダーパンツを読んだ。
つかコレ酷い名前でしょうw
敢えて辞書では調べませんが、大体予想がつきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#146 A Puzzle for Logan

A Puzzle for Logan(Cambridge English Readers:Level3)

Cambridge English Readers:Level3
Loganシリーズは初めて読むんだけどいきなり3作目だw
最近までLoganが女だということも知らなかったよ。
エジンバラを舞台にした、捜査官ローガンが主役のお話。
サスペンス物なんだろうが、
まぁ、犯人は思いっきり誰かわかるようになってるよ。
Level4もあるらしい。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

#145 The Mark of Zorro

The Mark of Zorro (Macmillan Reader)

Macmillan Reader→Elementary(1100WORDS)

ゾロってアメリカが舞台なんだ(;´Д`)
てっきり南米かと思い込んでたら
スペイン占領時代のサン・フランシスコだった。。。
典型的な義賊が活躍する冒険活劇です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

#144 Class President

Class President (Marvin Redpost)

Marvin Redpostの5巻目。
学校に大統領が来るという設定です。
今回は複線もありです。
このシリーズは残り二作なんですけど、できれば全部読みたいんですよね。
どっかで安く落ちてないか。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧