カテゴリー「英語&多読(900万語~)」の記事

#452 Poison: A Novel of the Renaissance

最近でたボルジア小説の中ではAmazon.comでの評価がすごい高かったので、
読んでみたのですが、なんと4ヶ月も掛かってしまいました(;´Д`)
理由はひとつ。
全然面白くなかった。。。

変死した父の死因を探るためにボルジア家の毒薬使いとなったフランチェスカは
事件の真相を探るうちに、ユダヤ人に対する陰謀の気づく---

Continue reading "#452 Poison: A Novel of the Renaissance"

| | Comments (105) | TrackBack (0)

#451 Isabella D'Este Marchioness of Mantua 1474-1539 A Study of the Renaissance

やっと読み終わりました~
実に3ヶ月近くかかりました。
全2巻。
イザベラ・デステの伝記は英語ではこれぐらいしかないみたい。
ベアトリーチェの伝記を書いた人と同じです。
内容はあまり重複してないので、両方読んでも大丈夫。
改めてイザベラの人生を追ってみましたが、
いやはやすごい。
本にも書かれていたけどバランス力がすばらしい。
困難な時代によくぞここまでやったなーという感じです。
とにかく身内に手を差し伸べるのを惜しまない人。
結構わがままな面もあるけど
それ以上にプラス面が多いからここまで賞賛されるんだね。
ビバ★

ちなみにkindle版も出てるけど、変換がうまくいってなくて誤植が多いからおススメできない。
2巻目はWEBにたくさんあるのでkindleに変換可能だけど、
これが輪をかけてOCRの変換がうまくいっていなくてすさまじい誤植でした。
かなりパズルみたいな感じだった。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | Comments (61) | TrackBack (0)

#450 Lucrezia Borgia: Life, Love and Death in Renaissance Italy

満足です。
ルクレツィアに関する本はベロンチが鉄板だと思ってけど、
この本は凄かった。
特にフェラーラ時代の充実度が半端なーい。

かなり細かくカンマを打って文をつなげていくので
最初は読みにくかったです。
(途中で主語が誰かわからなくなって・・・・)

まぁ、でも愛の力で読み切れた★
本当にこういう本を読めるようになった多読には感謝です。
サラ・ブラッドフォードのチェーザレの本も前に買ってるので
こっちも読みますよ(・∀・)ノ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

#449 The Sirens of Surrentum

久しぶりにローマンミステリー。
フラビア一行はフェリックスの招待を受け
再びナポリに向かう。

ネタバレ

Continue reading "#449 The Sirens of Surrentum"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

#448 The Cardinal's Hat: Money, Ambition, and Housekeeping in a Renaissance Court

アルフォンソ・デステとルクレツィア・ボルジアの間に生まれた
2番目の息子がイッポリートと言うんですが、
この人の家計簿が実は奇跡的に50冊ほど残っていたので
それを見ながら当時の貴族の生活を紹介した本。

本当に私みたいにエステ好きな人間にとっては
狂喜乱舞に近い内容でした。

ネタバレ

Continue reading "#448 The Cardinal's Hat: Money, Ambition, and Housekeeping in a Renaissance Court"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

#447 There's a Monster in My Bed

英語の絵本。¥0です。
本国でのレビュー評価がよいのでDLしてみました。
確かに子供が喜びそう。
でも多読の初期段階によい本ですよ。
ほんと2-3年で多読の読書環境はグッとよくなりましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#446 Carnival at Candlelight

Magic Tree House #33

新ミッションスタート
ヴェネツィアを舞台に
ちょうど今アクアアルタな時期に
読みました。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

#445 Patience, Princess Catherine

チューダー・シリーズの最後。
すべてはここから始まった。
スペインからイギリスに嫁いだカタリーナ・タラゴンの物語。
この人は最初、ヘンリーのお兄さんのアーサーに嫁いだんだけど、
結婚してすぐに亡くなってしまって、
そこから数年間に渡ってイングランドで不良債権扱いされてたかわいそうな人です。
でも年下のヘンリーが兄に嫁ぐカテリーナに恋心を抱いてしまうのが
なんかいい感じでツボった。
最後は国王に即位して嫁に迎えるんだけど、
ここまでだったらいいロマンス小説なんだけど、その後の結末が。。。
やっぱり人間ってわかんない生き物よねー。

今回は"k"→"/"に置き換わってしまっていた箇所がかなりあった。
これはAmazonに言えば、出版社にフィードバックしてくれるのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)