« August 2012 | Main | October 2012 »

September 2012の21件の記事

007 Maialfantastico!

これも$0でしたが・・・
意味がわからない。
面白いのかつまらないのかもわからない・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#443 Christopher Nibble

Oxford Owl"hristopher Nibble"

音の効果音が絶対に日本語ではない感じで並ぶ
洋書の面白さあり。

マンチ、マンチ、ニブル、ニブル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#442 The Second Duchess

Kindle版→The Second Duchess

The court of Ferrara is like a love-apple, beautiful and rosy-red and alluring to the senses, but poisonous, so poisonous—

フェラーラを舞台にした小説を見つけたので読んでみました。
アルフォンソ2世の奥さんが主役の歴史ミステリーです。

フェラーラに嫁いできたバルバラは結婚式当日から奇怪な出来事を体験する。
夫であるアルフォンソとの新しい生活を始めるや否や、
フェラーラの前の妃ルクレツィア・メディチは夫によって殺された
という噂を耳にした---

ネタバレ

Continue reading "#442 The Second Duchess"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

#441 This Book Belongs to Aye-Aye

Oxford Owl"This Book Belongs to Aye-Aye"

アイアイだけどお猿さんじゃないよ。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

#440 The Elves and the Shoemaker

Oxford Owlより"The Elves and the Shoemaker"

なんか懐かしい話。
鶴の恩返しはラストいまいちだけど、
こっちはきちんと落ち着く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Haircut

Oxford Owl"The haircut"
ヘアサロンに行くまでの前説が異常に長い。。。
へこたれそうだった。
Stage1なのに(;´Д`)
もう一度聞く。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

The Liberary

Oxford Owl"The Library"

Stage1なのによく喋るわ(;´Д`)
キーパー君は本が大好きらしい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

The Lost Teddy

Oxford Owlより"The Lost Teddy"

バスに乗って降りるまでの状況がわからん。
ここだけ聞き取れん。。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

The Hedgehog

Oxford Owlより"The Hedgehog"

フロッピーの話かと思ったら
ハリネズミが主役。
ちょっと聞き取りずらかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Fetch!

Oxford Owl"Fetch!"

総語数0の絵本です。
絵を見ながらストーリーを聞きます。
最初が聞き取れなかったからもう一度聞いてみた。
絵を見ながらだったらなぁ~

このシリーズ全然語数が稼げないw
でもリスニングの役に立つからOK

| | Comments (5) | TrackBack (0)

#439  Floppy Did This

OxfordOwlより"Floppy Did This"

指示語だけでこんな物語が!?
20語ぐらいで終わり。
今まで読んだ中で一番やさしいレベルだった。

でもこのシリーズ名前と人が一致しない(;´Д`)

| | Comments (24) | TrackBack (0)

#438 Doomed Queen Anne

ここ二ヶ月一般向けの歴史小説を読んでいたため
このヤングアダルトに戻ってきたら、
驚異的な早さで読み終えることができました。

チューダーシリーズ4部作の中の一作。
今回はアン・ブーリンが主役。

ネタバレ

Continue reading "#438 Doomed Queen Anne"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

#437 Floppy's Fun Phonics

OxfordOwl"Floppy's Fun Phonics"

これはすごい簡単なテキストになってます。
短いテキストと隣にイラストで、
どれがマッチするかというもの。

Phonicsってなんだろう?とおもって調べてみた→wiki

| | Comments (7) | TrackBack (0)

The Little Red Hen

Oxford Owl"The Little Red Hen"

猫が拒否ってる台詞の部分なんて言ってるのかわからん・・・

この本Amazonでいろいろあったんだけど、メジャーなおとぎ話らしいね。
全然知りませんでした!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

The Big Box

Oxford Owlより"The Big Box"
これは文字のない絵本で
話はオーディオブックで聞きます。

結構集中して聞かないと聞き取れない。
絵があればわかるけど、なしで聞いてどれだけ理解できるのか(苦笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

#436 How Many Sleeps

Oxford Owlより"How Many Sleeps"

このシリーズは可愛過ぎです。
はぁー、全部読んでみたい。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

#435 Puddle's Big Step

OxfordOwlより"Puddle's Big Step"

カワイイーー!!
あまりにカワイイ話でぜひ読んでもらいたい。
実は私は4歳の保育園入学式に大泣きしたんですよね。
ちょっとそんなことを思い出しましたw

| | Comments (7) | TrackBack (0)

006 I mostri odiano i limoni

これも$0でゲット(多分)

単語が思い出せなくてちょっと苦労したけど
何度か読み直したら意味わかった。
わかんないフレーズは全然わかんないけど。

これはイタリアのおばあちゃんの知恵袋かなんかなのかしら?
レモンスプレーの効用を
子供の話で書いている。

おばけはレモンスプレーで退治できるのか?
本当なのか?

まぁ、イタリアだったらありかもww

ところで最初 Kindle for PC でこの本を読んでたんですが、
レイアウトが崩れて意味が不明でした。
iPhoneのアプリで読んだらきちんと読めた

だって、

Otto il Letto(otto=8)
Sotto il Letto(sotto=~の上)

じゃ全然意味が違うのよ~(;´Д`)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

#434 Hurry Up and Slow Down

Oxford Reading Treeの一部の本が
無料で読めます。
http://www.oxfordowl.co.uk/Library/Index/?AgeGroup=1

eが付いてるのがオンラインで音声付で読めますよ!

とりあえず一番やさしい3-4歳向けの本の中から
"Hurry Up and Slow Down"を選択。
イラストが川原泉を思い出させるわ~
このウサギの不条理さはなんなんだ。。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

#433 The Scarlet Contessa

"The Borgia Bride"の作者がカテリーナ・スフォルツァの話を書いていたので
読んでいました。

主人公は"ディア"の愛称を持つ"アルマディア"
両親を知らない彼女はミラノ公爵夫人であるボーナ・ディ・サヴォイアに仕えていた。
庶子であるカテリーナの教育も行うボーナ、
年の近いディアはカテリーナと接する機会も多い。
ある時、夫であるマッテオが毒殺されたことを知った、
ディアは夫殺しの犯人に決意する。

ネタバレ

Continue reading "#433 The Scarlet Contessa"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

005 Questo dinosauro è...

9月になったからかまた$0の本のラインナップが変更されてました。
さっそくDL。

Libro per bambini dai 3 ai 6 anni
(3-6歳向けの本)
とありますから、私にちょうどよいですねw

このディのザウルスは○○している。
というフレーズをイラストで説明してます。
進行形使ってる表現が多かったです。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »